過去の記事

平成30年(2018年)

第48回教養講座 
「健康寿命を延伸する食と運動」〜ボケないための食べ方、運動の仕方

講師 森谷 敏夫

京都大学名誉教授 京都産業大学・中京大学客員教授

2018年5月26日(土)12時10分〜13時10分 会場 御所西京都平安ホテル 嵯峨の間

 テロメア(telomere)は細胞の核にある染色体の末端領 域のこと。単純な反復配列からなり、細胞分裂のたびに短 くなり、細胞は50-60回しか分裂できない。命のロウソクとも呼ばれている。最近の全米の大規模調査により身体活動量は全ての交絡因子を補正してもテロメア長と正相関していた。その結果、高活動群の成人は不活動群より生物学的にテロメアが約9年分も若いことが明らかになった。この講演では運動や栄養がテロメアに及ぼす最新の知見を開 設する予定である。

 (受講料は無料です。)



七彩(なないろ)コンサート 
ボランティア訪問演奏をされています グループミモザ、マリーファンタジアによりますコンサートです。0才からどなたでもご参加頂けます。フルート、ハープ、クラリネット、ピアノ、ビオラ等で多彩な音楽の生演奏です。
2018年5月20日14:00-15:30 鴨沂開館 新館2階ホール 

参加費300円、3才〜中学生200円、お茶菓子つき
当日参加も出来ます。お申込・お問合せ 077-579-4402


平成29年(2017年)

第47回教養講座
「国宝〜その歴史と美について」

講師 宮川 禎一 京都国立博物館上級研究員

 平成29年10月21日(土)13時30分〜15時

 鴨沂会館新館2階    

 国宝展のみどころー京都国立博物館ではこの秋、10月3日から1126日まで開館120年を記念して特別展覧会「国宝」を開催します。この講演では展覧会の見所を紹介いたします。特に考古資料の国宝として弥生時代の絵画を持つ銅鐸を展示するのですが、神戸市桜ヶ丘遺跡出土の4号・5号銅鐸と島根県雲南市の加茂岩倉遺跡出土の絵画銅鐸とを比較し、日本最古の絵画とされる弥生時代の線描表現の特性を考えます。また平安時代の遺物として左大臣藤原道長の金銅経筒や道長の娘である藤原彰子の華麗な金銅経箱など平安時代金工品の逸品を紹介します。また鞍馬寺経塚遺物や坂上田村麻呂墓出土品・小野毛人墓誌など京都ゆかりの遺品にも焦点をあてて解説いたします。国宝展鑑賞の一助となれば幸いです。

 (受講料は無料です。)



第46回教養講座
「女性が教育を受けることはどのようにとらえられたか

―1900年代と1960年代における議論―」

講師 小山静子  京都大学教授    京都大学国際高等教育院

 平成29年5月20日(土)12時〜13時

 御所西 京都平安ホテル 嵯峨の間

 男子教育が女子教育に先んじて行われ、制度化されてきたことは、日本だけでなく、どこの国においてもみられることである。だからこそ、女子教育政策が展開され、女子への教育の普及が図られなければならなかったが、女子への教育が本格化すると、女子教育は男子教育とは異なるまなざしにさらされ、教育を受ける女子は批判の対象ともなっていった。いったいどうしてこのようなことが起きたのだろうか。20世紀初頭に起きた高等女学校に通う女学生に対する批判と、1960年代前半における女子学生亡国論を俎上にあげて、女性が学校教育を受けるということが社会においてどのようにとらえられたのかを、考えてみたいと思う。



 

第四回!能舞台フェスタin今宮御旅所

日時 平成29年 5月7日(日) 午前9時~午後2時30分( 雨天決行) ※雨天時は演目が変更になることがあります。

その際、各演目の開始時間は変わりません。 場所 今宮神社御旅所大宮北大路下ル

今宮神社の御旅所にある能舞台を御存知ですか?

江戸時代から伝わるこの能舞台では、昭和40年代までは能が演じられていました。人 間国宝故曽和博朗氏も小鼓を打たれた由緒ある能舞台を復活しようと、今年3年目となる 能舞台フェスタを開催します。さまざまな演目を用意しております。

また当日は「西陣の朝市マルシェ」も御旅所で開催されます。多数のご参加をお待ちし ております。

https://www.facebook.com/imamiyaotabi
京都鴨沂会は能舞台フェスタに協賛しております。


ダウンロード
第四回能舞台フェスタチラシ.pdf
PDFファイル 2.1 MB

京都府下在住の高校生への給付型奨学金募集のお知らせ
応募期間 平成29年3月15日から平成29年4月15日

詳しくはこちらをご覧下さい。



高大連携事業 特別講義
「いのちを育む水と食べ物 − 食べ方であなたの未来が変わる!」

1月28日土曜日13:30-16:00

京都大学総合人間学部棟1階 1102教室

「水はいのちの源 − 近畿の水瓶、琵琶湖の水の将来 −」京都大学教授 杉山雅人

「世界調査で分った食べ方上手」武庫川女子大学国際開発研究所講師 森 真理
【お申込み】出席者(生徒及び引率教員)の名簿を添えて本会宛にe-mailまたはお問合せよりお申込下さい。受付は先着130名とさせていただきます。

1時20分に京大吉田南キャンパス正門内集合、係員が講義室へ案内します。


ダウンロード
2017年1月28日高大連携特別講義のご案内.pdf
PDFファイル 444.3 KB